診療の特徴・特色

  • HOME »
  • 診療の特徴・特色

診療の特徴・特色

松野彰が2014年4月より前任地の帝京大学ちば総合医療センターより異動し、脳神経外科学講座主任教授に就任いたしました。 松野彰の専門領域は、下垂体腫瘍・脳腫瘍・脳血管障害であり、これらの疾患の臨床と研究に長年取り組んできており、ほぼすべての脳神経外科疾患の診療を行っております。 第一の専門領域としております、下垂体腫瘍につきましては、内分泌内科と連携し、患者さんの内分泌機能についてホルモン補充療法も含めて丁寧に診療しております。 下垂体腫瘍では、視力視野障害、ホルモン分泌過剰または低下の症状があります。先端巨大症、クッシング病、プロラクチン分泌過剰症など、手術と薬物を組み合わせて適切に治療を行っております。 下垂体腫瘍に対しては、開頭術ではなく、経鼻的に神経内視鏡を用いて、安全で確実な手術を行い、良好な治療成績をあげています。日本神経内視鏡学会技術認定医・経鼻神経内視鏡手術のスペシャリストである、 大山健一准教授、廣畑倫生講師と共に、下垂体腫瘍および近傍腫瘍の治療を担当させていただいています。 最先端の医療である、患者さんの負担が少ない低侵襲な経鼻内視鏡手術は、その安全性・優れた手術成績が日本のみならず世界でも注目を集めています。さらに下垂体腫瘍の外科と病理で それぞれ世界的権威である寺本明客員教授、長村義之客員教授(医療技術学部)にも参画していただいております。
良性脳腫瘍の手術、頭蓋底腫瘍、悪性脳腫瘍(神経膠腫・グリオーマ、悪性リンパ腫など)について、手術用ナビゲーションや術中神経機能モニタリングを用いて、安全かつ積極的な手術を行っています。 脳腫瘍の手術は松野彰、大井川秀聡病院教授、大山健一、廣畑倫生、宇野健志講師らがスタッフと共に担当し、術中神経機能モニタリングを行いながら安全な摘出術を行っています。 聴神経腫瘍、髄膜腫、頭蓋底腫瘍の 開頭摘出術も積極的に行い、顔面神経などの重要な神経機能を温存しながら腫瘍の摘出を行っています。
悪性脳腫瘍については、神経機能を温存しつつ最大限の摘出術を行ったのち、放射線・化学療法を行っています。5-ALA(アミノレブリン酸)(商品名アラベル)を用いて蛍光下に腫瘍を可視化し、 安全かつ有効な腫瘍摘出術を行っています。また、術野に抗がん剤であるカルムスチンウェハー(商品名ギリアデル)を留置し、残存腫瘍への治療も行っています。悪性脳腫瘍の術後の 化学療法については、国立がんセンター、東京大学、埼玉医科大学と連携して、プロトコールを作成しており、主にテモゾロマイド(商品名テモダール)・ベバシズマブ(商品名アバスチン)・ インターフェロンベータ(商品名フエロン)を使用しています。悪性脳腫瘍の診療は、松野彰、廣畑倫生らが担当しています。藤巻高光客員教授(埼玉医科大学脳神経外科教授)も悪性脳腫瘍の診療を行っています。
一方で、当院脳神経外科は、救命救急センターとも連携し、頭部外傷、急性期脳梗塞・脳出血、くも膜下出血・破裂脳動脈瘤の治療に取り組んでいます。 開頭手術は松野彰、大井川秀聡、大山健一、 宇野健志らがスタッフと共に担当しています。脳内出血については、開頭術のみならず、神経内視鏡を用いた低侵襲な血腫除去術を行っています。くも膜下出血・破裂動脈瘤については症例に応じて、 開頭クリッピング術・コイル塞栓術を選択しています。最先端の医療でもある、脳血管内治療は、日本脳神経血管内治療学会指導医である山根文孝病院教授・宮本倫行講師、 専門医である伊藤明博講師・宇野健志らが担当しています。脳動脈瘤のコイル塞栓術、頚動脈ステント留置術に積極的に取り組んでいます。 開頭手術・脳血管内治療のいずれにも対応できる体制をとっております。近年は、急性期脳梗塞においてt-PA治療にひきつづいて脳血管内治療(血栓回収術)を行うことが、患者さんの予後を改善するというデータが示されました。 当科でも急性期脳梗塞においてもt-PA治療にひきつづく脳血管内治療(血栓回収術)に力を注いでいます。
また、顔面痙攣・三叉神経痛に対する神経血管減圧術にも力を入れており、豊富な経験を有する小野田惠介病院教授・大山健一・宇野健志らが治療を担当しています。
脊髄脊椎疾患・末梢神経障害の外科的治療にも取り組んでおり、日本脊髄外科学会認定医である岩本直高講師が担当しています。
当院脳神経外科は、ひきつづき、東京都のみならず埼玉県、千葉県など近隣の医療圏からも積極的に患者さんを受け入れてまいります。今後共なにとぞよろしくお願い申し上げます。

「下垂体・内視鏡手術センター」設立について

神経内視鏡と手術技術の発展により、下垂体腫瘍や多くの頭蓋底腫瘍に対して、患者さんの負担の少ない方法で、鼻から手術(経鼻内視鏡手術)を行っています。
下垂体腫瘍に関してはほとんどの症例で経鼻内視鏡手術が可能です。当院では、手術の最初から最後まで内視鏡で行う、内視鏡単独経鼻手術を得意としております。摘出後のトルコ鞍閉鎖に硬膜縫合という特殊な手技を行うことができるため、この手術の大きな合併症である髄液漏の危険性を0.4%に抑えることができております。
頭蓋底腫瘍に関しては、頭蓋咽頭腫や鞍結節髄膜腫などが対象となります。鼻手術では腫瘍の下からアプローチするので、脳や神経、血管などを押し分ける必要がないため、より負担が少なくなります。当院では、大腿部から採取した筋膜をパッチワークのように縫合することで髄液漏を完全に抑えることに成功しています。 脳神経外科と内分泌内科・小児内分泌と連携して、術後の下垂体機能を十分に把握し、適切なホルモン補充療法を行っています。成長ホルモン、甲状腺ホルモン、副腎皮質ホルモン、性腺ホルモン、抗利尿ホルモンなどを適正に保ち、患者さんの生活の質を十分に担保させていただいております。詳しくは、下垂体内視鏡手術センターの項をご覧ください。

脳卒中センターの設立について

地域の医療体制のさらなる向上を目指し、この度帝京大学医学部附属病院は脳卒中センターを開設いたしました。脳卒中センターは、救命救急科、神経内科、脳神経外科とリハビリテーション科など多科からなる医師とコメディカルにより構成され、搬入された脳卒中患者さんへの最適かつ最善の医療を提供いたします。外科的治療を担当する脳神経外科では、脳血管内治療指導医・専門医、脳卒中外科技術認定指導医をはじめ、脳神経外科専門医を中心として、あらゆる脳卒中に対処できる体制をとっています。詳しくは、脳卒中センターの項をご覧ください。

当教室が主宰する学会・研究会

海外交流・国際展開

取材

PAGETOP
Copyright © 帝京大学医学部脳神経外科 All Rights Reserved.