脳動静脈奇形

脳動静脈奇形

脳の中で異常な動脈と静脈が毛細血管を介さず直接つながっている状態の奇形
動脈と静脈が直接つながっているため、動静脈奇形の部分では血液が異常に速く流れている
正常な血管に比べて壁が薄く、破れやすい
くも膜下出血、脳内出血、脳室内出血をおこす: 50−70%

以下に代表的な症例を2例お示しします。時間はかかる大変な手術ですが脳動静脈奇形は全摘出されています。

当教室が主宰する学会・研究会

海外交流・国際展開

取材

PAGETOP
Copyright © 帝京大学医学部脳神経外科 All Rights Reserved.