脳動脈瘤

脳動脈瘤

脳ドックやMRIなどで発見された未破裂脳動脈瘤に対する治療方針を、主として非侵襲的な検査結果をもとに患者様と相談の上決定しています。セカンドオピニオンにも積極的に対応しております。脳動脈瘤は緊急対応が必要な場合があることから予約なしでも受け入れております。

脳動脈瘤は破裂するとくも膜下出血になるため、場所・大きさ・形状から無症状でも手術が必要な場合があります。その手術は外科的治療(開頭クリッピング術)と脳血管内治療(動脈瘤塞栓術)が存在しますが、当院では両専門医が症例毎に適切な治療方法を検討し対応しています。また破裂後のくも膜下出血に対しては、当院高度救命救急センターと共同し早急な治療が行える体制を整えています。
開頭クリッピング術の際に必要あればバイパスや頭蓋底手技を用いて安全で根治的加療を心がけています。また未破裂脳動脈瘤の手術の際には、術後の整容面を考慮し無剃毛で手術を行い、早期社会復帰を目指しています。

開頭クリッピング術の実際

使用クリップ
クリップ前 クリップ後

巨大動脈瘤に対しては、橈骨動脈を用いたバイパス術(血行再建術)を併用した治療も行っています。

右内頚動脈の巨大動脈瘤
手術のデザイン
術後の3次元CT血管撮影:前腕より採取した橈骨動脈のバイパスが頭蓋内で中大脳動脈に吻合されています

クモ膜下出血・破裂脳動脈瘤には緊急で対応しています。開頭クリッピング術は、豊富な手術経験を持つ古屋一英や勝野亮を中心にして行っております。また、脳血管内治療も積極的に行っています。

当教室が主宰する学会・研究会

海外交流・国際展開

取材

PAGETOP
Copyright © 帝京大学医学部脳神経外科 All Rights Reserved.