脳動脈瘤コイル塞栓術

脳動脈瘤コイル塞栓術

脳血管内治療は、X線装置による透視下に細いマイクロカテーテルと呼ばれる管を大腿のつけねから頭蓋内の血管まで進めて行う治療です。従来の開頭術では治療が難しかった疾患が、脳血管内手術で治療が可能になってきています。帝京大学医学部脳神経外科では、これまで行ってきた開頭による手術に脳血管内手術を治療の選択肢に加えることにより、最先端の治療を皆様に提供していきます。
脳動脈瘤(破裂・未破裂)、脳動静脈奇形、硬膜動静脈瘻に対する塞栓術や閉塞性脳血管障害(頚動脈・頭蓋内主幹動脈の狭窄病変)に対して血管拡張術・ステント留置術等の脳血管内治療を行っております。セカンドオピニオンにも対応しております。

代表例をお示します。内頚動脈の動脈瘤例です。コイル留置により動脈瘤が閉塞しているのがわかります。

術前
術中
術後

当教室が主宰する学会・研究会

海外交流・国際展開

取材

PAGETOP
Copyright © 帝京大学医学部脳神経外科 All Rights Reserved.