脊椎脊髄疾患・末梢神経疾患

脊椎脊髄疾患・末梢神経疾患

当院脳神経外科では、頸椎症、後縦靭帯骨化症、腰部脊柱管狭窄症、脊髄腫瘍、脊髄血管障害などの脊椎脊髄疾患や手根管症候群、足根管症候群、腓骨神経障害、上殿皮神経障害など絞扼性末梢神経障害の治療を積極的に行なっております。これらの病気は手足の痛み・痺れ・運動麻痺を生じるものです。病気によっては、その原因が脳か、脊髄か、末梢神経か区別しづらいものもあります。そのため脳神経外科の特性を生かし、丁寧な診察と診療を心がけております。また大学病院の特性も活用し、他科とも十分に連携をとって診療しています。手術に関しても、手術用顕微鏡を用いた低侵襲で患者さんに負担の少ない治療法を提供しています。

痙縮

痙縮とは、脳や脊髄の病気や外傷の後に生じる筋肉が過度に緊張することで、手足が動かしにくくなってしまう病気です。具体的には手が握ったままになったり、肘が曲がったままになったり、足首が伸びた状態で動かしにくくなってしまいます。適度な足の痙縮は立位や歩行の時に体の支持性を高めるという有利な働きをしますが、過度な痙縮は、手の清潔が保てない、指の爪が切りづらい、着替えが困難であったり、足の装具の着用が困難になったりすることで、日常生活に支障を来たすことがあります。当科では治療が必要な場合、内服加療から開始し、必要に応じてボツリヌス療法やバクロフェン髄注療法などを行なっています。

岩本 直高(いわもと なおたか) 講師
専門分野:脊椎脊髄疾患・末梢神経疾患・痙縮
略歴: 2003年日本医科大学卒業、2009年日本医科大学大学院卒業、同年日本医科大学脳神経外科助教、2013年4月釧路労災病院脳神経外科部長、2016年8月帝京大学医学部附属病院脳神経外科講師
日本脳神経外科学会 専門医・日本脊髄外科学会 認定医

当教室が主宰する学会・研究会

海外交流・国際展開

取材

PAGETOP
Copyright © 帝京大学医学部脳神経外科 All Rights Reserved.