痙縮

痙縮

脳卒中・脳腫瘍・重症頭部外傷・脊髄損傷などの後遺症として、四肢の筋緊張が強くなった状態で、リハビリテーションに著しい障害をきたします。

このような病態では以下の2つの治療方法が有効です。いずれも当科で行っております。

1.髄腔内バクロフェン投与
2.ボツリヌス療法

以下のようなチェックリストがありますので、症状をご確認ください。もし気になることがおありでしたらお気軽に外来に受診してください。

当教室が主宰する学会・研究会

海外交流・国際展開

取材

PAGETOP
Copyright © 帝京大学医学部脳神経外科 All Rights Reserved.