正常圧水頭症

正常圧水頭症

水頭症とは、脳脊髄液の循環と吸収に障害が生じ、脳室が拡大する病態です。くも膜下出血、脳出血、脳腫瘍などの原因となる病気が存在する水頭症と、原因が特定できない、特発性正常圧水頭症があります。いずれも髄液シャント術(脳室腹腔シャント術(VPシャント)、腰髄腹腔シャント術(LPシャント))という手術で症状が大幅に改善します。
特発性正常圧水頭症の3大症状は、歩行障害(歩きづらい)、尿失禁、認知症です。高齢者によく見られ、日常生活に支障をきたし、介護が必要となるケースがあります。しかし、手術により、一般に歩行障害は9割前後、認知症は5割前後、尿失禁は5割前後で改善が見られます。日常生活活動も大幅に改善します。

MRIの水平断と冠状断を示します
冠状断で円蓋部の脳溝が閉じているのが特徴です

当教室が主宰する学会・研究会

海外交流・国際展開

取材

PAGETOP
Copyright © 帝京大学医学部脳神経外科 All Rights Reserved.