悪性脳腫瘍

悪性脳腫瘍

手術においては、ニューロナビデーションシステムの使用や神経機能モニタリング、5-ALA(商品名アラベル)による術中蛍光診断により、神経機能を温存しつつ、可及的に広範囲の腫瘍摘出を行っております。

手術用ナビゲーション:最新のナビゲーションシステム(メドトロニクス社S7)が導入されました。これも用いて手術中に腫瘍のどこを摘出しているか、正常脳がどこにあるかがリアルタイムにわかります。
(下2枚はストライカー社ナビゲーションシステム使用例)
術前MRI(表面画像)での腫瘍の固定:腫瘍と重要な周囲の血管、手足を動かす運動領との位置関係が明瞭となり、神経機能を温存する安全な手術が可能になります。
術前MRIでの腫瘍の固定:機能的(finger tapping)
患者さんに指(この症例では右第1指)を動かしてもらいながらMRIを撮影すると、指を動かす指令を出す大脳皮質(つまり運動領)が固定できます。右のMRIで赤くなってるところが運動領です。
術中神経機能モニタリング
腫瘍の部位に応じて、運動誘発電位、感覚誘発電位、視覚誘発電位、聴性脳幹反応、顔面神経モニタリングを行います。聴性脳幹反応、顔面神経モニタリングは特に聴神経腫瘍の手術において有用です。
例えば、右大脳の運動領といわれる部分に電極をおいて電気刺激をしますと、左の指が動きます。この動きを下記のような筋電図で記録します。脳腫瘍を摘出する際に、適宜運動領を電気刺激すると、筋電図が保たれていること、つまり正常な神経機能が保たれていることを確認することができます。
残存腫瘍のコントロールのために術中にカルムスチンウェハー(商品名ギリアデル)の留置も行っております。
悪性神経膠腫摘出術中にカルムスチンウェハー(商品名ギリアデル)の留置:これにより摘出腔周辺の残存腫瘍の死滅を図ります。

現在行っている術後の治療をお示しします。

〖導入療法〗
放射線治療+経口抗がん剤テモゾロマイド(商品名テモダール)をまず行います。現在の標準的治療です。これに、インターフェロンベータ(商品名フエロン)、ベバシツマブ(商品名アバスチン)を併用することもあります。

〖維持化学療法〗
テモゾロマイド
インターフェロンベータ
ベバシツマブ
などを用います。

悪性神経膠腫、多形性神経膠芽腫の病理組織学的検査を行い、MGMT、IDH1などの解析を行い、それぞれの腫瘍に最も有効な化学療法を行っています。

当教室が主宰する学会・研究会

海外交流・国際展開

取材

PAGETOP
Copyright © 帝京大学医学部脳神経外科 All Rights Reserved.