下垂体腫瘍・下垂体疾患

下垂体腫瘍・下垂体疾患

下垂体・内視鏡手術センターを開設しています。
神経内視鏡と手術技術の発展により、下垂体腫瘍をはじめ多くの頭蓋底腫瘍に対して、患者さんの負担の少ない方法で、鼻から手術(経鼻内視鏡手術)を行っています。下垂体腫瘍、頭蓋底腫瘍に対する専門診療・手術を行っています。下垂体腫瘍に関してはほとんどの症例で経鼻内視鏡手術が可能です。当院では、手術の最初から最後まで内視鏡で行う、内視鏡単独経鼻手術を得意としております。鼻内を内視鏡で操作することで鼻への負担を最小限とし、また腫瘍摘出から摘出後の閉鎖まで内視鏡で行うことで広い範囲を目視で観察しながら手術ができるため安全な操作が行えます。そのため手術による死亡例もしくは意識障害や麻痺などの重篤な合併症例は皆無です。また、摘出後のトルコ鞍閉鎖に硬膜縫合という特殊な手技を行うことができるため、この手術の大きな合併症である髄液漏の危険性を0.4%に抑えることができております。
術後の下垂体機能を十分に把握し、適切なホルモン補充療法を行っています。成長ホルモン、甲状腺ホルモン、副腎皮質ホルモン、性腺ホルモン、抗利尿ホルモンなどを適正に保ち、患者さんの生活の質を十分に担保させていただいております。
下垂体・内視鏡手術センターページへ

鼻腔より4mmの細径内視鏡(オリンパス社製、把持器はエンドアーム)を挿入し、下垂体腫瘍や頭蓋底腫瘍の手術を行います
下垂体腺腫の被膜外摘出を行い、腫瘍の摘出の向上と正常下垂体機能の温存を行っています
下垂体腫瘍 経鼻内視鏡手術の術前と術後
頭蓋底の修復と髄液漏防止:筋膜によるパッチワーク縫合

当教室が主宰する学会・研究会

海外交流・国際展開

取材

PAGETOP
Copyright © 帝京大学医学部脳神経外科 All Rights Reserved.