下垂体・内視鏡手術センター

  • HOME »
  • 下垂体・内視鏡手術センター

 

神経内視鏡と手術技術の発展により、下垂体腫瘍をはじめ多くの頭蓋底腫瘍に対して、患者さんの負担の少ない方法で、鼻から手術(経鼻内視鏡手術)を行えるようになってきました。当院では2014年4月より、下垂体腫瘍、頭蓋底腫瘍に対する専門診療・手術を開始しました。

 

①診療形態
下垂体腫瘍に対する治療は、①手術による腫瘍摘出、②ホルモン分泌状態の評価とそれに対する適切な治療、の2つのことをあわせて行うことが重要であり、内科と外科が協力して治療を行う必要があります。治療経過において、内科的治療が無効もしくは不十分な場合に外科に紹介する、もしくは手術後に内科に紹介する、などのパターンがありますが、その紹介過程でタイムラグが生じ、治療が滞ったり方針が変わってしまうことがあります。
当院では内科、小児科との連携を強化し、科ごとの隔たりのないスムーズな診療を目指しており、将来的に内科的治療と外科的治療が一つの環境で行える内分泌総合診療の構想を持っております。とくに、頭蓋咽頭腫や胚細胞腫瘍などの小児疾患においては、手術治療はもちろんですが、その後のホルモン補充や成人になってからのフォローが非常に大切です。3つの科が連携を深めることでつなぎ目のない確実な治療を目指しております。
②手術
下垂体腺腫や頭蓋咽頭腫などの下垂体部近傍病変に対して、低侵襲な手術法である内視鏡下経鼻的手術を積極的に行っており、当該分野では日本をリードする施設として広く認知されています。当センターのメンバーは、いずれも日本神経内視鏡学会技術認定医であり、神経内視鏡手術の黎明期から、いち早く内視鏡下経鼻的頭蓋底手術に取り組み、当該領域の治療において、患者さんや医療関係者から高い評価を受けています。また准教授の大山健一は、日本神経内視鏡学会 技術認定委員会 副委員長として、国内外(国外はフランス、台湾、韓国、中国、ベトナムなど)において、神経内視鏡手術の技術指導を継続的に行なっています。
下垂体腫瘍
下垂体腺腫やラトケ嚢胞などのトルコ鞍部に限局する病変に対しては一側の鼻孔のみを経由して行う経鼻的内視鏡手術を行なっています。鼻内正常構造を最大限温存した、より低侵襲かつ腫瘍の摘出率が良好な手術が可能となっています。
先端巨大症やクッシング病では、腫瘍の被膜外摘出や術中に綿密に腫瘍検索を行うことで、手術による高率の寛解が得られています。
また他院での手術施行後の残存腫瘍や再発腫瘍に対する再手術の経験も豊富に有しており、良好な結果を得ています。
kasuitai1-680
kasuitai2-680
頭蓋底腫瘍
頭の底(頭蓋底と呼称します)は脳の最深部に位置するため、手術による到達が極めて困難な領域になります。このため頭蓋底部に拡がる頭蓋咽頭腫や髄膜腫、脊索腫などの大型の腫瘍性病変などに対して、従来は大きな皮膚切開と、広い範囲に渡る骨削除を行った上で、顕微鏡を使用した長時間の手術が行われてきました。しかしながら近年の神経内視鏡手術手技の発展に伴い、頭蓋底病変に対しての鼻孔を経由した手術(内視鏡下経鼻的頭蓋底手術)が可能となり、良好な結果が示されています。内視鏡下経鼻的頭蓋底手術では、両側の鼻孔から内視鏡と手術器具を挿入して手術を行ないます。経鼻的頭蓋底手術では皮膚切開が必要なく、かつ脳に触れることなく病変部に到達することが可能なため、従来の顕微鏡下頭蓋底手術と比べて低侵襲な治療になり、術後回復も良好です。両側の鼻孔を使用することで、十分な手術操作スペースが確保され、周囲の重要な血管や神経を温存した繊細な手術操作が可能となっており、腫瘍の摘出率も良好です。また内視鏡下経鼻的頭蓋底手術の際には手術終了時の閉鎖法が重要となりますが、当センターでは大腿筋膜を用いた硬膜縫合閉鎖法や、鼻内粘膜を血流を保った状態で転移させて閉鎖する方法などを適宜用いることで、良好な結果を得ています。
kasuitai3-680
kasuitai4-680
kasuitai5-680

当教室が主宰する学会・研究会

海外交流・国際展開

取材

PAGETOP
Copyright © 帝京大学医学部脳神経外科 All Rights Reserved.