スタッフ紹介

oigawa
大井川 秀聡(おおいがわ ひでとし)
病院教授
【専門分野】
高難易度動脈瘤の外科治療、虚血性脳血管障害の外科治療、脳動静脈奇形の外科治療
【略歴】
1995年6月防衛医科大学校病院・自衛隊中央病院研修医、2002年10月防衛医科大学校医学部医学研究科(大学院)、2005年4月マイアミ大学マイアミプロジェクトリサーチフェロー、2006年10月陸上自衛隊第一混成団医務官、2007年10月自衛隊中央病院脳神経外科医官、2008年4月埼玉医科大学国際医療センター脳卒中外科助教、2010年5月埼玉医科大学国際医療センター脳卒中外科講師、2011年6月埼玉医科大学国際医療センター脳卒中外科准教授、2014年4月埼玉県立循環器呼吸器病センター脳神経外科診療科長、2016年4月埼玉県立循環器呼吸器病センター脳神経外科診療科長兼部長、2016年7月帝京大学脳神経外科病院教授。
【メッセージ】
脳外科手術というものは誰もが怖いものですが、我々を信頼し手術をお受けになっていただく皆さんに、これまで培った経験・知識・技術を総動員して、できる限り最善の治療を行います。一緒に頑張りましょう。
yamane
山根 文孝(やまね ふみたか)
病院教授
【専門分野】
脳血管内治療、脳卒中全般
【略歴】
1986年福井医科大学医学部医学科(現:福井大学医学部医学科)卒業、同年東京女子医大脳神経外科入局、1990年都立墨東病院救命救急センター・脳神経外科医員、1992年東京女子医大脳神経外科助手、1996年Montreal Neurological Institute, McGill University, Research fellow、1998年東京女子医大脳神経外科助手、2004年埼玉医科大学病院脳神経外科講師、2007年埼玉医科大学国際医療センター脳血管内治療科講師、2010年埼玉医科大学国際治療センター脳血管内治療科准教授、2017年現職。
【メッセージ】
脳血管内治療の分野は外来、脳血管造影、予定手術、緊急手術、そしてフォローアップまで一貫したコンセプトでチームで診療に当たっております。
未破裂脳動脈瘤をはじめ各種の脳血管障害に対し、安心して治療をお受けしていただけるよう鋭意努力しています。
ご心配ごとはなんでもご相談ください。
ishii
石井 雄道(いしい ゆうどう)
准教授
【専門分野】
間脳下垂体疾患、頭蓋底腫瘍、内視鏡下経鼻手術
【略歴】
1997年日本医科大学医学部卒業、2006年日本医科大学大学院修了、2010年10月より日本医科大学脳神経外科講師、2014年4月より現職、医学博士。日本脳神経外科学会・専門医、日本内分泌学会・評議員、日本間脳下垂体腫瘍学会、日本神経内視鏡学会・技術認定医、日本頭蓋底外科学会、日本脳腫瘍の外科学会、脳神経外科手術と機器学会
2010年より千葉神経内視鏡ハンズオンセミナー(千葉大学脳神経外科主催)にて講師、2013年より日本神経内視鏡技術認定委員会主催講習会にて講師,、Endomilano 2014(2014.4 Milan)Faculty member。
【メッセージ】
これまで日本医科大学で下垂体疾患を専門に診療・手術を行ってまいりました。自己の執刀経験では内視鏡下経鼻的下垂体腫瘍摘出手術600例、頭蓋底腫瘍に対する内視鏡下経鼻手術50例です。特に腫瘍摘出後の閉鎖方法に力を入れており、硬膜の縫合など深部での操作を得意とし、髄液漏発生率は0.4%です。日常診療では患者さんの生活スタイルに合わせた負担の少ない治療を心がけております。
oyama
大山 健一(おおやま けんいち)
准教授
【専門分野】
間脳下垂体疾患、良性脳腫瘍、頭蓋底腫瘍、内視鏡下経鼻手術
【略歴】
1996年日本医科大学卒業、2002年日本医科大学脳神経外科助教、2005年虎の門病院間脳下垂体外科医員、2010年日本医科大学武蔵小杉病院脳神経外科講師、2014年日本医科大学付属病院脳神経外科講師、2015年帝京大学医学部脳神経外科学講座准教授、パリVII大学付属ラリボワジエール病院頭蓋底外科臨床フェロー修了、日本神経内視鏡学会技術認定委員会認定講師、European Institute of Telesurgery (France) 客員講師、Asian Institute of Telesurgery (Taiwan) 客員教授。
【メッセージ】
日本医科大学、虎の門病院、ラリボワジエール病院で培った臨床力(1800例以上の頭蓋底腫瘍の手術経験)を活かして、高水準の治療をご提供できるように努めております。特に内視鏡を用いた経鼻的手法による低侵襲頭蓋底外科手術の普及に国内外で取り組んでおります。セカンドオピニオンをご希望の方にも適宜対応させていただいておりますのでお気軽にご相談ください。
田中 純一(たなか じゅんいち)
講師
【専門分野】
脳神経外科
【略歴】
1989年産業医科大学医学部医学科卒、2007年帝京大学ちば総合医療センター脳神経外科助教、2008年帝京大学医学部脳神経外科助教、2013年同救急医学科助教兼任、2016年10月より総合東京病院脳神経外科医長、2017年10月より現職。日本脳神経外科学会専門医、日本医師会認定産業医、厚生労働省臨床研修指導医。
hirohata
廣畑 倫生(ひろはた としお)
講師
【専門分野】
間脳下垂体疾患、頭蓋底腫瘍、内視鏡下経鼻手術、脳腫瘍、脳血管障害
【略歴】
2003年東京大学医学部卒。2015年東京大学大学院医学系研究科卒業。帝京大学医学部附属市原病院(現ちば総合医療センター)、東京大学医学部付属病院、東京警察病院、公立昭和病院、東京大学医学部付属病院、虎の門病院、寺岡記念病院、東京大学大学院医学系研究科をへて、2015年4月より現職。医学博士、日本脳神経外科学会専門医。
ito
伊藤 明博(いとう あきひろ)
講師
【専門分野】
脳血管障害、脳神経外科一般、開頭手術・脳血管内治療、頚部頚動脈狭窄、頭蓋内血管狭窄、脳動脈瘤、脳動静脈奇形、脳梗塞(脳塞栓症)等。
【略歴】
北海道大学医学部卒。医学博士、日本脳神経外科学会専門医・指導医、日本脳血管内治療学会専門医
miyamoto
宮本 倫行(みやもと みちゆき)
講師
【専門分野】
脳血管内治療、動脈瘤、頚動脈狭窄、脳動静脈奇形、再生医療
【略歴】
2003年北海道大学医学部卒業、2013年北海道大学大学院卒業 、2013年国立病院機構海外短期留学(ロサンゼルス退役軍人病院、UCLA脳血管内治療科)。
【メッセージ】
北海道大学で脳動脈瘤や頚動脈狭窄の手術治療、脳血管内治療を経験してきました。現在は血管内治療を中心に診療させて頂いております。手術の立場から見た血管内治療をわかりやすく説明させて頂きたいと思いますので、お悩みの方は一度ご相談ください。
iwamoto
岩本 直高(いわもと なおたか)
講師
【専門分野】
脊椎脊髄疾患、末梢神経疾患、脊椎脊髄外科手術、末梢神経外科手術
【略歴】
2003年3月日本医科大学医学部卒業、2009年8月より日本医科大学脳神経外科助教、2013年4月より釧路労災病院脳神経外科、2016年8月より帝京大学医学部脳神経外科学講座講師。
【メッセージ】
脳だけでなく脊髄、末梢神経領域まで診療しています。分かりやすい適切な診療を心がけておりますので、お悩みの方はどうぞご相談下さい。
uno
宇野 健志(うの たけし)
講師
【専門分野】
脳血管障害(脳動脈瘤、脳動静脈奇形、頭蓋内動脈狭窄症、もやもや病)
頸動脈狭窄症、脳腫瘍の外科治療(髄膜腫、神経鞘腫、頭蓋底腫瘍)、神経血管減圧術(三叉神経痛、顔面けいれん)、てんかん
【略歴】
2003年3月筑波大学医学専門学群卒業、2003年4月東京大学医学部脳神経外科学教室入局、埼玉医科大学総合医療センター、2004年2月東京大学医学部附属病院、2005年5月会津中央病院、2007年6月帝京大学ちば総合医療センター、2009年4月東京大学医学部附属病院、2009年12月公立昭和病院、2011年4月東京大学大学院医学系研究科博士課程、2015年3月同上修了医学博士、2015年4月野猿峠脳神経外科病院、2017年4月帝京大学医学部脳神経外科学講座講師。
【メッセージ】
これまで脳および頸部血管疾患に対しては、脳動脈瘤クリッピング術、バイパスを用いた脳動脈瘤手術、脳主幹動脈狭窄/閉塞に対するバイパス術、頸動脈狭窄内膜剥離術などの外科治療を専門に行ってきました。近年は血管内カテーテル治療も行い、両者の根治性、危険性、侵襲性などの観点からより適した治療を選択し提供することで、最良の結果が出るよう努めています。
また、ガンマナイフ治療(放射線治療)の経験から、脳腫瘍に対して摘出術とガンマナイフの複合治療、三叉神経痛に対しては患者さんの状態に合わせた神経血管減圧術とガンマナイフを使い分け、など、神経障害のリスクや患者さんの負担を極力減らせるよう、疾患に対する戦略的な治療提示をさせていただきます。
疾患や治療について十分理解していただけるよう丁寧な説明を心掛けて参ります。治療選択への不安、手術以外の選択肢についても気軽にご相談ください。
uno
展 広智(てん ひろとも)
帝京平成大学准教授、帝京大学脳神経外科非常勤講師
【専門分野】
脳神経外科一般、脳卒中一般
【略歴】
1995年中国ハルビン医科大学卒業、中国医師免許取得。2001年滋賀医科大学大学院医学系研究科博士課程修了医学博士取得。2009年日本医師免許取得、日本医科大学武蔵小杉病院、2011年日本医科大学脳神経外科助教、2016年4月帝京大学脳神経外科、帝京平成大学に着任。
【メッセージ】
いつも丁寧に患者様がわかりやすい診療を心かけております。また中国語での診療も行っております。
鈴木 康隆(すずき やすたか)
【専門分野】
脳血管障害(破裂・未破裂脳動脈瘤、脳動静脈奇形、頭蓋内動脈狭窄、頚部頚動脈狭窄、成人・小児もやもや病、急性脳塞栓症等)、開頭手術・脳血管内治療
【略歴】
1999年山口大学医学部卒。東京大学医学部付属病院、関東労災病院、寺岡記念病院、NTT東日本関東病院、東京大学医学部付属病院、会津中央病院、埼玉医科大学総合医療センター、東京大学医学部付属病院、帝京大学ちば総合医療センターを経て、2015年1月帝京大学医学部脳神経外科助教、2017年1月より藤井脳神経外科病院手術部長。日本脳神経外科学会専門医・指導医、日本脳血管内治療学会専門医。
勝野 亮(かつの まこと)
【専門分野】
脳血管障害(脳動脈瘤、脳/頸動脈狭窄症もしくは閉塞症に対する外科的治療)
【略歴】
2000年獨協医科大学卒業、2007年日本医科大学大学院卒業、2009年網走脳神経外科・リハビリテーション病院、2012年同病院副院長、2014年10月帝京大学医学部脳神経外科講師、2017年4月より道東脳神経外科病院院長。日本脳神経外科学会専門医・指導医、日本脳卒中学会認定脳卒中専門医、日本脳卒中の外科学会、脳神経外科手術と機器学会、医学博士。
【メッセージ】
脳血管障害に対する外科的手術治療を専門にしています。各疾患にあわせた適切で侵襲が少なく根治的な治療を心掛けています。
渡邉 丈博(わたなべ たけひろ)
【専門分野】
脳神経外科一般の疾患に対する治療にあたっている。神経内視鏡手術を専門としている。
【略歴】
帝京大学医学部卒。平成19年より大学院。2017年4月より医療法人社団松弘会三愛病院。日本脳神経外科学会専門医。日本神経内視鏡学会・技術認定医。
藤井 教雄(ふじい のりお)
【専門分野】
脳神経外科一般の疾患に対する診療にあたっている。
【略歴】
帝京大学医学部卒。平成21年より大学院。2015年6月より豊見城中央病院脳神経外科へ出向。
山田 創(やまだ そう)
【略歴】
1997年筑波大学医学部卒業、東京女子医科大学付属病院救命救急センター、帝京大学ちば総合医療センター脳神経外科勤務。2015年4月より大川原脳神経外科病院。2016年10月より帝京大学医学部脳神経外科講師。2017年4月より東京曳舟病院脳神経外科医長として出向。日本脳神経外科学会専門医、日本救急医学会専門医、医学博士。
石川 久(いしかわ ひさし)
【略歴】
2007年近畿大学医学部卒業、帝京大学医学部救急医学講座、帝京大学医学附属病院脳神経外科、帝京大学ちば総合医療センター脳神経外科、帝京大学医学附属病院脳神経外科勤務。2015年4月より脳神経センター大田記念病院脳神経外科へ出向

客員教授・非常勤講師

寺本 明
客員教授(東京労災病院院長、日本医科大学名誉教授、日本脳神経外科学会前理事長、世界脳神経外科学会連合副会長)
嘉山 孝正
客員教授(日本脳神経外科学会理事長、山形大学脳神経外科前教授、前医学部長、同先進がん医学講座教授、同次世代型重粒子線治療装置研究開発室長)
藤巻 高光
客員教授(埼玉医科大学脳神経外科教授)
長村 義之
病理顧問(日本病理学会元理事長、国際医療福祉大学教授)
原 徹男
非常勤講師(国立国際医療センター副院長)
豊田 富勝
非常勤講師(JCHO東京新宿メディカルセンター脳神経外科部長)
永島 博
非常勤講師(ふれあい鶴見ホスピタル)
原 貴行
非常勤講師(虎の門病院脳神経外科部長)
孫 宰賢
非常勤講師(豊見城中央病院脳神経外科部長)
内田 耕一
非常勤講師(おおたかの森病院脳神経外科部長)
前田 高宏
非常勤講師(大川原脳神経外科病院院長)
橋本 政明
非常勤講師(社会医療法人明生会 網走脳神経外科リハビリテーション病院・道東脳神経外科病院)
山王 直子
非常勤講師(山王クリニック院長)
保谷 克巳
非常勤医師(帝京大学ちば総合医療センター脳神経外科教授)
村上 秀喜
非常勤講師(世田谷記念病院)
石井 映幸
非常勤医師(ふれあい鶴見ホスピタル、帝京大学ちば総合医療センター脳神経外科非常勤講師)
庄島 正明
非常勤医師(東京大学医学部脳神経外科講師)

当教室が主宰する学会・研究会

海外交流・国際展開

取材

PAGETOP
Copyright © 帝京大学医学部脳神経外科 All Rights Reserved.